理論上バイナリーオプションはプラス収支になるはずだが、なぜそうならない?

バイナリーオプションの代表的な取引といえば「HIGH & LOW」です。これは、一定時間後の価格が目標レートよりも「高い」か「低い」かを事前に予想する、という取引で、見事当たれば掛金に応じた利益が得られ、予想が外れると掛金を没収される、という丁半博打のような分かり易いルールです。

取引では毎回、二者択一の選択をするわけですから、勝つ確率は常に1/2です。仮に負けたとしても、次の取引で負けた回の倍以上の取引をして勝てば、負けた回の損失を取り返してお釣りが来ます。つまり、通常は1lotで勝負し、負けた次の回は倍の2lotで勝負するという「マーチンゲール」投資法です。バイナリーオプションの「HIGH & LOW」では、マーチンゲール投資法を使うと理論上プラス収支になると考えられますが、実際のところはどうでしょうか?

あなたは知っていますか?マーチンゲール投資法の「前提条件」

マーチンゲール投資法には、実は前提条件があります。それは、取引する回数および投資する資金量は無制限、というものです。取引回数については、仮に10回までという制限があったすると、9連敗して迎えた最後の10回目の取引で見事勝てば収支はプラスです。しかし悪夢の10連敗を喫すると、目も当てられない状況です。また、同じように10回取引する場合、1回当たり5,000円の掛金で勝負し、9連敗後の10戦目では、下記のような大金を失っていることになります。

■9連敗時点の損失は、なんと2,555,000円!!!
5,000円 + 10,000円 + 20,000円 + 40,000円 + 80,000円 + 160,000円 + 320,000円 + 640,000円 + 1,280,000円 = 2,555,000円

そして10戦目は2,560,000円を掛けることになりますので、9戦目までの投資資金と合わせて、少なくとも5,115,000円が必要です。どうですか、あなたに用意できる投資資金でしょうか?年収が数千万円であれば用意できますが、一般的なサラリーマンではとても無理でしょう。つまり、マーチンゲール投資法は机上の空論であり、とても現実的な投資方法ではないのです。(1回当たりの掛金を1/10などに減らせば、現実味を帯びた投資方法です。ただしプラス収支となっても利益額には期待できません。)

あなたは知っていますか?運営料(てら銭)を徴収されていることを。

加えて、バイナリーオプションでは、あなたの知らないところで運営料(てら銭)が徴収されています。FXでは各通貨ペアに設定された「スプレッド」(買値と売値の差額)が代表的な運営料ですが、バイナリーオプションの場合は何が運営料に該当するのでしょうか?

■FXトレード・フィナンシャル バイトレラダー画面
FXトレード・フィナンシャル バイトレラダー画面
具体的に運営料(てら銭)を計算してみましょう。ここでは、例として97.420 USDの目標レートについて「HIGH」を購入したとしましょう。あなたが支払った掛金は5,200円であり、見事的中すれば10,000円のペイアウトですので、掛金を除き4,800円が利益となります。

これをFXトレード・フィナンシャルの立場で考えて見ましょう。あなたから受け取った掛金すなわち利益は5,200円で、あなたが外せば丸々5,200円は利益になります。もしあなたが的中すれば、4,800円を支払う必要があるため、残りの400円が利益です。LOWに掛けた場合も同様に計算をしてみると、あなたから受け取った掛金は5,900円に対し、あなたが的中すると5,900円 – 4,100円 = 1,800円、あなたが外すと丸々5,900円の利益です。どうでしょう、あなたが勝っても負けても、業者は利益を得ていますね。

これは何を意味するかというと、あなたをはじめ投資家が本来貰うべき利益が知らないうちに業者の懐に抜かれている、ということです。よって、勝率50%では運営料(てら銭)分を抜かれた利益しか得られないため、収支はマイナスになるのです。良く考えられた仕組みですね。

【結論】理論上、バイナリーオプションはプラス収支になるはずだが、マイナス収支のケースが多い理由とは?

以上のことから、バイナリーオプションでは理論上プラス収支が可能ですが、マーチンゲール投資法の前提条件が現実的ではない上に、折角得た利益もバイナリーオプション業者から運営料(てら銭)を差し引かれているため、勝率50%ではプラス収支になりません。そのため、マイナス収支となる投資家の割合が多くなってしまうのです。

バイナリーオプションの勝率を上げるチャート

バイナリーオプションはHIGHまたはLOWを当てる取引のため、確率の考え方では回数を重ねる毎に勝率50%に限りなく近づくことになります。しかし、投資家が本来得られるはずの利益から、業者はてら銭(運営料)を差し引いているため、残念ながら勝率50%ではトータルで利益を上げることができません。では、勝率をできるだけ上げるために投資家は何ができるのか、ここではチャートの見方について少し整理したいと思います。

そもそもチャートで何を見ればよいのか?

バイナリーオプションのHIGHまたはLOWを判断する際によく利用されるのがチャートです。チャートというと難しいイメージがあるかもしれませんが、過去の為替レートの推移をグラフ化しただけのものですので、何も難しく考える必要はありません。チャートから何を読み解くのかというと、それはただ1つ「過去の相場の傾向を元に、これからの相場がどちらに動くか?」です。

相場の値動きは、多くの投資家(個人投資家はもちろん、機関投資家や金融機関なども含む)が市場に参加し、それぞれの思惑を持って取引した結果に拠るものです。そのため、あなたの思惑と他者の思惑が完全一致するとも限らず、100%先読みできるものではありません。

例えば、あなたを含む1,000人が居たとして、今この瞬間に「りんごが食べたい」と思う人は何人いるでしょうか?50人や100人なら、お店に行けばりんごは普通に買えるでしょう。でも、800人や900人が食べたいと思ったら、下手をすると店頭からりんごが消えるかもしれません。これを経済学では需要と供給のバランスと言います。ある物を欲しいと思う人が多いと、必然的にある物の価値が上がり、ほしいと思う人が少なければ価値が下がる、という相対的な関係性です。

投資も同様で、買いたいと思う人が多ければ相場は上昇し、売りたいと思う人が多ければ相場は下落します。このように、市場参加者の大多数の思惑に沿った取引をトレンドフォローといいます。投資の初心者は、まずトレンドフォローの取引にのみ注力した方が勝率が安定します。そのためには、相場の今後の動く方向を知る必要があるのです。

そこで、過去の傾向から次の値動きの予測(「予測」ですので100%ではありません)をする技術が開発されました。それがチャートであり、テクニカル分析です。チャートやテクニカル分析が示すものは「このような値動きをする可能性が高い」という予測であり、投資家の判断指標となるものです。

■Yahoo!ファイナンス 米ドル/日本円の5分足チャート
Yahoo!ファイナンス 米ドル/日本円の5分足チャート
よって、バイナリーオプションで投資家が利益を上げようと考えるのなら、チャートやテクニカル分析から「今後の相場の値動きの方向性」を素直に読み取る力が求められます。

そうは言っても初心者にチャートは読みづらい

チャートを使いこなすことができれば、バイナリーオプションの勝率を上げることができる点は理解いただけたと思います。しかし、これまで一切チャートを観たことも無かった初心者には、チャートを使いこなし将来の値動きを予測することは、はっきり言ってとても難しいです。

でも諦めることはありません。初心者でも熟練者でも、おおよそ同じ値動きの予測が可能なチャートが開発されています。その名もFXトレードフィナンシャルが提供している「未来チャート」です。

■FXトレードフィナンシャル 未来チャート
FXトレードフィナンシャル 未来チャート
未来チャートの仕組みは、過去の膨大なデータから今の値動きに近しいものを自動的に選び、今後の値動きを予測して表示します(上記イメージの上段)。また、今後の値動き予測の根拠として、今の値動きに近しい過去のチャートを下段に3件ピックアップし表示してくれますので、とても説得力があります。この未来チャートさえあれば、今後の値動きの方向性を見誤ることはほぼなくなると思います。ちなみに、実際の利用にはFXトレードフィナンシャルに口座開設が必要ですので、注意して下さい。

バイナリーオプションの勝率を上げるチャートの見方

以上のことから、投資初心者がバイナリーオプションの勝率を上げるためには、チャートを活用することで、今後の相場の方向性が今の流れを継続する可能性が高いかどうか、を読み取れるようになる必要があります。
※基本はトレンドフォロー(相場の大きな流れに沿った取引)を心掛けましょう。
※チャートを読むのが難しいと感じる場合は、FXトレードフィナンシャルの「未来チャート」のような、初心者でも今後の値動きを把握し易いツールの活用も検討しましょう。

これだけで劇的な勝率アップ!バイナリーオプションの必勝法とは?

バイナリーオプションの勝率をなかなか上げられずに悩んでいる投資家は多いようです。HIGHまたはLOWを当てるだけの簡単な取引に見えて、バイナリーオプションの勝率を上げることは、実は意外と難しいのです。では、バイナリーオプションに必勝法はないのでしょうか?ここでは、そもそもの投資の考え方から、バイナリーオプションの勝率を劇的に改善する必勝法をお伝えしたいと思います。

順張りと逆張り、バイナリーオプションではどちらが有利か?

取引時の考え方に「順張り」と「逆張り」があります。順張りとは、これまでの相場の方向性が今後もそのまま続くと考え、その流れに沿った取引をすることです。一方の逆張りは、何かの要因でこれまでの相場の方向性から今後反転すると考え、これまでの流れとは逆方向の取引をすることです。バイナリーオプションの勝率を上げようとする場合、どちらの考え方で取引すべきでしょうか?

順張りは相場の流れに素直な考え方であり、逆張りは相場の流れに逆らった考え方です。バイナリーオプションは投資初心者の方が多いことを考えると、順張りの考え方で取引する方が無難でしょう。なぜなら投資初心者は、今後の相場の流れが反転するタイミングやその反転根拠を把握出来ないからです。

相場の反転は、主に買われすぎ・売られすぎに起因する、あるいは主要経済指標の発表を起因により発生します。どのテクニカルチャートがどのような動きを示したら買われすぎ・売られすぎなのか、どの経済指標が事前予測よりも良い場合・悪い場合それぞれ、相場にどのような影響を与えるのか、本来ならば分かった上で取引に臨むべきです。しかし、いずれも初心者には難しく、事前の勉強や数多くの取引経験によって初めて把握できるようになるものです。よって、投資初心者には順張りの考え方で取引することを強く推奨します。

あなたは投資の自己ルールを決めているか?

また、これが一番重要ですが、順張りの考え方が当てはまる局面でのみ取引することです。要は、相場の方向性が今後も継続する確度の高いタイミング、つまり「勝てる確率が高い時」のみ取引して下さい。むやみやたらと取引したがる初心者の方がたまにいらっしゃいますが、賢い投資家は、負けの可能性が高い場面では様子見し、本当に勝てる場面のみ取引するのです。

あなたの心に問いかけてみて下さい。勝つための明確な取引のルールを事前に決めて、実際の取引に臨んでいますか?ルールを決めているのなら、そのルールに当てはまった局面だけ本当に取引していますか?この「勝つための明確な取引のルール」をあらかじめ決めて、それに従って取引するだけで、あなたのバイナリーオプションにおける勝率は大幅に改善されるはずです。

「勝つための明確な取引のルール」と書きましたが、難しく考える必要はありません。とてもシンプルなもので良いのです。むしろシンプルな方がルールとしては明確で、守りやすいものになります。例えば、5分足チャートを使った下記のような取引ルールで十分です。

【取引ルール例】 下記2条件を満たした場合のみ、トレンドフォローで取引。
・移動平均線の傾きが急
・ボリンジャーバンドの幅が狭い状態から広がりつつある
5分足チャート
上記ルールを守った取引をしようとすれば、上記チャートにおける取引タイミングは赤線を引いた場面のみになります。(この場合はいずれも上昇方向のトレンドに沿った取引です。)たったこれだけのルールを決めてしっかり守るだけで、上手い具合に3連勝できますね。毎回このケースのように上手くいくことはありませんが、それでも何もルールを決めていない状態からすれば、劇的な勝率改善が見込まれます。

【結論】バイナリーオプションの必勝法とは

以上のことから、バイナリーオプションの勝率を上げるためには、チャートを活用した判断に迷わない取引ルールを事前に決め、それに従った取引を徹底する必要があります。勝てる場面に絞って取引するルールになりますので、自然と勝率が上がることになります。負けそうな場面では絶対に手を出さない精神力の強さこそが、バイナリーオプションの必勝法と言えるでしょう。
※基本は順張りの考え方が当てはまる局面でのみ取引することを推奨します。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

, , , ,

関連記事

これで完璧!投資初心者のためのバイナリーオプションの始め方

バイナリーオプションは他の金融商品に比べて取引ルールが簡単であり、投資の初心者でもとっつきやすく始め

記事を読む

規制後の国内バイナリーオプションでおススメできる業者とは?

日本国内のバイナリーオプション業者は、数こそ少ないものの存在します。いずれも金融庁に認可された業者

記事を読む

素人でもバイナリーオプションで簡単に稼ぐには?

バイナリーオプションといえば、丁半博打のような二者択一の選択式で、少ない資金から始められる金融商品と

記事を読む

さあ実践!バイナリーオプションの取引方法を教えます

バイナリーオプションの投資としての魅力を知って、「始めてみたいなぁ」と思われる方は多いことと思います

記事を読む

PAGE TOP ↑