24option(24オプション)は詐欺なのか?

海外のバイナリーオプション業者に24option(24オプション)があります。海外業者は詐欺業者が多いといわれていますが、24optionはどうでしょうか?ここでは、24optionが詐欺業者かどうか独自に調査した結果をお伝えします。

24option(24オプション)の具体的な詐欺行為

詐欺行為は多くのものがありますし、また詐欺の程度も実に様々です。まず、24optionがどのような詐欺行為を行っているのか見ていきましょう。

バイナリ―オプション業者の主な詐欺行為には2つあり、「正規の手続きで入金したのに口座に反映されない」「出金依頼を出しても出金を拒否される」といった入出金に関するものと、「クリックしたタイミングでレートが明らかに悪い方向に変化する」「良いタイミングに限ってエラーが発生して約定できない」といったレート表示に関するものがあります。

24optionについて調べたところ、レート表示に関する問題点は取り上げられていませんでした。その一方で、入出金に関する問題点は幾つか挙がっていました。よって、24optionは入出金に関して詐欺行為をはたらいている可能性があるようです。

24option(24オプション)は出金時に問題あり?

24optionの入出金に関して詐欺行為の報告状況を見てみると、入金については特に大きな問題なく行えているようです。強いて言えば、最低入金額の設定がありますので、1回の入金時には少なくとも下記の最低入金額以上の入金が必要です。
 ・クレジットカード: 20,000円
 ・電子支払    : 20,000円
 ・銀行送金    : 100,000円

■24option Webサイト 「取引口座」の「入金」ページ
24option Webサイト取引口座の入金ページ
その一方で出金については、「出金ができない」というケースが幾つか見受けられます。しかし、出金できない理由は24option側の問題ではなく、投資家側が出金条件を正しく理解していない可能性もあります。

問題となっているのは、口座開設後に複数回取引を行い、利益を得て出金、という普通の流れであるのに「出金できない」という状況かと思います。24optionの詐欺を疑う前に、まず下記をよく確認したうえで出金手続きを進めるべきです。
・本人確認書類を正しく提出しているか?
・特別ボーナスなど、出金に制限が掛かるキャンペーンに参加していないか?

まず、本人確認書類ですが、24optionのWebサイトに記載があるように下記の準備が必要です。
・パスポートや免許証のような写真付き身分証明書
・住所を証明できる請求書のコピー(携帯電話料金や公共料金)
・クレジットカードを入金に使用した場合は、カード番号の下4桁以外を塗り潰したコピー

上記書類のコピーをメールで24option宛に送る必要あがります。ちなみにクレジットカードのコピーは、カード番号の下4桁以外は塗り潰して提出しますので、不正利用されることはないと思います。

■24option Webサイト 「取引口座」の「入金」ページ
24option取引口座の入金ページ
次に特別ボーナスですが、この制約で出金を拒否される投資家が多いと思います。特別ボーナスとは、投資家が24optionに入金した金額に応じて24optionから数%キャッシュバックされる、というものです。ただし、特別ボーナスの出金には一定条件を満たす必要があります。

■24option Webサイト バンキングについてのよくある質問ページ
24option Webサイト バンキングについてのよくある質問ページ
24optionのWebサイトのボーナス条件ページは、なぜか全て英文(しかもなかなかの長文)です。Webサイトの表示言語を日本語以外の言語にも変えてみましたが、英語表記から変わることはありませんでした。翻訳に苦労しましたが、このボーナス条件ページには、条件の明確な記載がありませんでした。ただ一言「受け取るボーナス金額の最大50倍の取引量が必要。」との記載があったのみです。

また「ボーナス条件は投資家毎に変わる」との記載もあり、一概に「受け取るボーナス金額の○倍の取引が必要」と明確に判断することができません。ただし「最大50倍」と記載があるように、相当額の取引を行わなければボーナスは付与されず、出金もできないルールです。たとえば、100,000円を入金してボーナスが仮に10,000円だった場合、受け取るボーナス金額の50倍は500,000円ですので、入金した金額の5倍の取引が必要です。現実的に考えて、僅かな資金でそれだけの取引を本当に出来るのか、かなり疑問があります。

そうした厳しい条件を考慮してなのか、ボーナス条件ページには「ボーナス受取を辞退することも可能」との記載もありましたので、ボーナスは不要だから元本や利益をどうしても出金したい場合は、ボーナス受取辞退も検討しましょう。ボーナス受取を辞退したい場合は、メールやライブチャットで問い合わせする必要があります。

■24option Webサイト 「会社概要」の「ボーナス条件」ページ ※全文英語
24option Webサイト会社概要のボーナス条件ページ

そもそも24option(24オプション)は無登録業者!

24optionは海外業者では珍しく、海外の証券取引委員会から認可を受けた業者です。具体的には、地中海にあるキプロスという国のキプロス証券取引委員会のCySEC(サイセック)という認証を受けています。キプロスはEUに加盟しており、CySEC認証はEU圏内では有効と思われます。

■24option Webサイト 「会社概要」ページ
24option Webサイト 「会社概要」ページ
しかし、これはあくまでEUに限った話です。日本で通用するかといわれると、それはNoです。たとえば運転免許の場合はどうでしょうか?日本で取得した運転免許を持っていれば、海外でそのまま運転して良いのでしょうか?警視庁のWebサイトには、下記いずれかの対応が必要、と記載されています。
 ・国外運転免許証を取得する。
 ・日本の運転免許証をその国の運転免許に切り替える。
 ・外国で運転免許試験を受けて、その国の運転免許を取得する。

■警視庁Webサイト 国外運転免許証のページ
警視庁Webサイト 国外運転免許証のページ
話を戻します。24optionの場合も同様で、EUから認可を受けていようとも、EUに加盟していない日本で金融商品取引業を行うのであれば、日本の認可を別途受ける必要があります。しかし、残念ながら24optionは日本の金融庁から認可を受けていません。

投資家側の条件確認漏れが主な理由かもしれませんが、「24optionから出金できない」というトラブルは、全国の消費生活センターに多く寄せられています。また、金融庁は無登録の金融商品取引業を行う業者として、24optionの名前を挙げています。国の公的機関が利用の危険性を警告していますので、24optionの利用は避けた方が無難でしょう。

■金融庁 無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について
※「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者」のP.30に24optionの記載あり。
警告書の発出を行った無登録の海外所在業者のP.30に24optionの記載あり

【結論】バイナリーオプション海外業者の24option(24オプション)は無認可業者!

以上をまとめますと、バイナリーオプション海外業者の24optionは、EU圏内では正式な認可を受けたまともな業者ですが、日本においては下記のような問題点があります。
・金融庁より金融商品取引業の認可を受けておらず、無登録営業の警告書が発出されている

よって、24optionは詐欺業者とは言い切れないものの日本国内では無認可業者であり、あなたの大事な資金を守り、利益を確実に手に収めたいのであれば、口座開設および利用は避けた方が無難です。国が認可していない以上、何か問題が起きた場合には、24optionに法的制約や処罰が及ばない可能性があります。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

, ,

関連記事

バイナリーオプション業者のバイオプ

バイナリーオプション業者のバイオプは詐欺業者か?

バイナリーオプションの海外業者にバイオプがあります。「バイオプ」なんて非常に安直なネーミングです

記事を読む

JFXのM.T.B.O

JFXが提供するM.T.B.Oの特徴とは?

国内のバイナリーオプション業者の1つにJFXがあります。あまり馴染みのない業者ですが、JFXは実

記事を読む

ミリオネアオプション

ミリオネアオプションは詐欺業者か?

海外のバイナリーオプション業者にミリオネアオプションがあります。日本人が付けそうな会社名ですが、ネッ

記事を読む

EXオプション(ex-option)は詐欺業者か?

EXオプションという海外のバイナリーオプション業者があります。ネット上では、「ex-optionは詐

記事を読む

バイナリーオプション業者のoption99は詐欺業者か?

海外のバイナリーオプション業者にoption99という業者があります。ネットの様々な掲示板で「opt

記事を読む

ヒロセ通商のLION BO

ヒロセ通商が提供するLION BOの特徴とは?

数少ないバイナリーオプションの国内業者の1つにヒロセ通商があります。FXの業者として有名なヒロセ

記事を読む

バイナリーチャート(BinaryChart)は詐欺業者か?

ネットのいたるところで、「バイナリーチャート(BinaryChart)っていう海外のバイナリーオ

記事を読む

PAGE TOP ↑