バイナリーオプション業者のバイオプは詐欺業者か?

バイナリーオプション業者のバイオプ
バイナリーオプションの海外業者にバイオプがあります。「バイオプ」なんて非常に安直なネーミングです(名前を見た時点で私は胡散臭いと感じました)が、ネット上では詐欺業者との噂が囁かれています。果たしてバイオプは本当に詐欺業者なのか、詐欺業者だとすればどのような詐欺行為をはたらいているのか、調査した結果をお伝えします。

バイオプの具体的な詐欺行為とは?

バイナリーオプション業者の代表的な詐欺行為をバイオプがはたらいているのか、まず見ていきましょう。主な詐欺行為には、「入金処理したのに口座に金額が反映されない」「出金依頼しても不当な理由で出金を拒否される」といった入出金に関するものと、「実際の取引時に、クリックしたときと約定されたレートが不利な方向にズレる」「クリックしてもエラーが発生して約定できない」といったレート表示に関するものがあります。

バイオプに対して挙げられているクレーム状況を調べたところ、レート表示に関するクレームは特に挙がっていないようです。一方で、入出金に関するクレームは非常に多く挙がっており、バイオプはこの点で怪しいと思われます。

バイオプは出金時に問題あり?

バイオプの入出金に対して挙げられているクレームですが、入金についてはクレームが見当たらず、スムーズにできているようす。しかし出金については、「出金依頼を拒否される」「出金までに3ヶ月も日数を要した」というケースが非常に多く、これが詐欺行為だと糾弾されています。

あらかじめ決められた手順に従って口座開設し、数回取引をして、利益が出て出金、という流れで「出金を拒否される」という状況だと思われますが、まず下記をよく確認した後で出金手続きに進む必要があります。

入金時の特別ボーナス付与など、出金に制限が掛かるキャンペーンに参加していないか?

入金時の特別ボーナスは仕組みが非常にやっかいで、おそらくこの制約で出金拒否される人が多いようです。特別ボーナスとは、口座に入金した金額に応じて数パーセントがキャッシュバックされる、というものです。ただし、ボーナス払戻し条件として「通常ボーナス分の払い戻しには入金残高で付与されたボーナス金額の40倍の累計取引の後、条件(ボーナス出金条件)が満たされます。・・・ボーナスを付与された場合、ボーナス出金条件を満たさない限り、入金残高や元金の出金もできません。」との記載があるように、相当額の取引を行わなければボーナスは付与されず、ボーナスならびに元金の出金もできないルールとなっています。出金しようとする前に、あなたがキャッシュバックキャンペーンに参加しているかどうか確認しましょう。

■バイオプ Webサイト 利用規約ページ
※15.ボーナスポリシーを参照。
バイオプ Webサイト 利用規約ページ

バイオプの会社情報はどこに記載されている?

バイオプのウェブサイトを見ていると、明らかにおかしな点があります。それは、会社の代表者や所在地の記載が一切見当たらないのです。一般的な企業のWebサイトでは、本社の所在地や代表者名が記載されている会社概要の欄が必ずあるのですが、バイオプにはそのページがありません。これらの記載がないということは、何を意味しているのでしょうか?

■バイナリーチャート 問い合わせ先ページ
※所在地や代表者に加え、メールアドレスすら公開されていません。
バイナリーチャート 問い合わせ先ページ
一般的な話になりますが、通常は代表者や所在地も併せて会社を登記申請しています。よって、登記上は代表者や所在地が必ず登録されています。バイオプのように会社情報を公開しない会社について考えられるのは、代表者や所在地を記載することに不都合があるのでは?ということです。例えば、全く同じ所在地に複数の会社が存在している事実、すなわちバイオプがペーパーカンパニーであるという事実が、バイオプのWebサイトに掲載した住所を検索エンジンで検索することで判明してしまう、などです。

バイオプがペーパーカンパニーかどうか分かりませんが、どんな理由であれ、まともな会社であれば代表者や所在地は隠す必要がないため、Webサイトに必ず掲載します。それらを敢えて掲載していないバイオプは、少なくとも「普通」の会社ではありません。

こちらからバイオプの上記カスタマーサポートに、代表者と所在地について問い合わせをしてみました。しかし、2週間以上経っても何の音沙汰も無く、こちらからの問い合わせを無視された形となっています。代表者と所在地を公開していない正当な理由があれば、何らかの回答を得られたはずですが、何も回答をしないということはこちらを納得させる理由がないとも受け取れます。

そもそもバイオプは無登録業者!

加えて、日本の金融庁は無登録の金融商品取引業を行う業者として、バイオプを名指しで挙げて注意喚起しています。日本政府が取引の危険性を警告していますので、バイオプの利用は避けるべきでしょう。

■金融庁 無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について
※「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者」のP.23にex-optionの記載あり。
無登録の海外所在業者にex-optionの記載あり

【結論】バイナリーオプション業者のバイオプは詐欺業者の可能性あり

以上のことから、バイナリーオプションの海外業者のバイオプは詐欺業者である可能性は否定できません。新規口座開設を検討していた場合はすぐに再考して下さい。また、既に口座開設済みで利用もしていた場合は、ただちに取引を止め、全額を出金処理することもご検討下さい。あなたの大事な資金は、ご自身の手で守らなければ、誰も守ってくれません。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

, ,

関連記事

24option Webサイト バンキングについてのよくある質問ページ

24option(24オプション)は詐欺なのか?

海外のバイナリーオプション業者に24option(24オプション)があります。海外業者は詐欺業者が多

記事を読む

ミリオネアオプション

ミリオネアオプションは詐欺業者か?

海外のバイナリーオプション業者にミリオネアオプションがあります。日本人が付けそうな会社名ですが、ネッ

記事を読む

EXオプション(ex-option)は詐欺業者か?

EXオプションという海外のバイナリーオプション業者があります。ネット上では、「ex-optionは詐

記事を読む

バイナリーオプション業者のoption99は詐欺業者か?

海外のバイナリーオプション業者にoption99という業者があります。ネットの様々な掲示板で「opt

記事を読む

PAGE TOP ↑