バイナリーオプション業者のYJFX!が提供するオプトレ!の特徴とは?

YJFX!のオプトレ!国内バイナリーオプション業者のYJFX!をご存知ですか?あまり聞き慣れない名前ですが、Yahoo!JAPANの子会社です。実は、元々「サイバーエージェントFX」という会社だったのですが、こちらの会社名ならば聞き覚えがあるかもしれません。YJFX!は、「オプトレ!」という名称のバイナリーオプションサービスを提供していますが、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、「YJFX!は投資家にとって稼ぎやすい業者なのか?」に注目して調査した結果をお伝えします。

オプトレ!の取引対象通貨ペアや取り扱いオプション種類、取引時間などの基本情報

まず、オプトレ!の基本的な情報を下記に整理してみました。

取引対象通貨ペア 8通貨ペア: 米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、英ポンド/円、ニュージーランドドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル
取り扱いオプション種類 ラダー、レンジ
スマホ対応 Android、iOSともに対応
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行に信託保全済み
デモ取引 あり

取引対象通貨ペアは8通貨ペアもあり、他社に比べとても充実しています。8通貨ペアもあれば、取引のチャンスに欠くことはないでしょう。取り扱いオプション種類はラダーに加えレンジがあります。トレンドのある相場ではラダー、レンジ相場ではレンジといった具合に、相場の状況に合わせて選べますので、ラダーのみを提供している業者よりも取引のチャンスは圧倒的に増えます。スマホへの対応状況は、Android・iOSいずれにも対応しています。PCを開けない場面でもサッと取引や状況確認ができる点は便利です。信託保全は、サイバーエージェントFXの頃に既に対応していましたので特に心配は不要です。デモ取引も用意されており、口座開設する前に本番の取引画面を操作して体験できますので、あなたにとって使いやすい画面なのか事前に確認することができます。

【ココがポイント】オプトレ!のスプレッドや最大購入数

次に、オプトレ!の通貨ペア取引レートや最大購入数を下記に整理してみました。

取引レート(米ドル/円) 外貨ex口座のレート(MID:仲値)を採用

米ドル/円のスプレッド: 0.4銭

1枚当たり購入金額 ペイアウト1,000円に対し10~990円
最大購入数 1回号600枚(ラダー:500枚、レンジ:100枚)まで

※ただし投資可能金額の設定次第

権利行使価格本数 6本
取引時間・取引回数 7:25~翌5:25 1回号2時間で1日当たり11回
権利放棄 あり

取引レートは、YJFX!の外貨exのレートを採用しています。外貨exのスプレッドを調べたところ、米ドル/円の場合で0.4銭でしたので、中間値(MIDレート)は間をとって0.2銭となり、仮にBID-ASKが115.00-114.96だった場合、新・外為オプションの取引レートは114.98になります。米ドル/円のスプレッドは0.2~0.3銭の業者が多い中、YJFX!は0.4銭と少し大きめですので「ペイアウトにギリギリ達しない!?」なんてことがあるかもしれませんので、長期間に亘って取引することを考えると、投資家には少し不利になります。

■YJFX! 外貨ex スプレッド一覧
YJFX! 外貨ex スプレッド一覧
また、YJFX!は他の業者にはない情報を開示しています。それは、原則固定スプレッドをどれだけ達成できたのか、1ヶ月間の状況を時間別に集計して開示しているのです。業者からすれば、「言ったことをきちんと守っていますよ」とデータを使って証明していることになります。「スプレッドには自信がある」と言っているようなものですが、実績を見てみると、たまに2銭近くのスプレッドも発生しており、スプレッド実績の開示は、諸刃の剣のようにも感じます。重要経済指標の発表直後はどうしてもスプレッドが開きがちですので、バイナリーオプションの取引タイミングは、重要経済指標の発表が予定されている場合は慎重になる必要がありますね。

■YJFX! スプレッド変動の状況
YJFX! スプレッド変動の状況
話を戻して、1枚当たり固定1,000円のペイアウトに対し、購入金額は10~990円です。可も無く不可も無い購入金額です。最大購入数は、1回号600枚までとなっていますので、取引時間が7:25~翌5:25の1回号2時間で1日当たり11回だとすると、日当たりで最大6,600枚、500万円(※投資可能金額を600万円以上に設定した場合)までの購入が可能です。1回号あたり1,000枚まで購入可能な業者もありますので、取引量はやや物足りないかもしれません。

また、権利行使価格本数は6本と、他の国内業者に比べて少なめです。ちょうど良い権利行使価格の設定がない可能性もあり、最大利益を狙った取引には向かない場面があると思います。権利放棄は可能ですので、権利行使価格に届く見込みが薄い場合は、無駄な損失を回避することもできます。

■YJFX! 取引数量の上限
YJFX! 取引数量の上限
ちなみに、投資可能金額の変更は、PC・タブレット・スマートフォンのブラウザ版取引画面から可能です。お客様情報項目の「資産状況設定」のタブを選択すると設定画面になります。

【結論】オプトレ!は投資家にとって稼げる業者なのか?

以上のことから、オプトレ!は投資家にとって可も無く不可も無い業者と言えます。通貨ペアの多さは魅力的ですが、1日当たりの購入可能枚数が少し少なめで、取引レートのスプレッドが大きめな点が投資家にとってデメリットであり、「稼げる業者です!」とは言い切れない理由になります。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

, , , ,

関連記事

バイナリーオプション業者のIG証券

IG証券が提供するバイナリー外国為替の特徴とは?

バイナリーオプションの国内業者の1つにIG証券があります。2013年1月にIGマーケッツ証券から

記事を読む

選べる外為オプション

FXプライムbyGMOが提供する選べる外為オプションの特徴とは?

バイナリーオプションの国内業者にFXプライムbyGMOがあります。GMOと言えば、GMOクリック

記事を読む

FXトレードフィナンシャルが提供するバイトレ

FXトレードフィナンシャルが提供するバイトレの特徴とは?

FXトレードフィナンシャルは、数少ない国内のバイナリーオプション業者の1つです。FXトレード・フ

記事を読む

みんなのバイナリー

トレイダーズ証券が提供するみんなのバイナリーの特徴とは?

国内のバイナリーオプション業者にトレイダーズ証券があります。トレイダーズ証券はFXの業者として有

記事を読む

規制後の国内バイナリーオプションでおススメできる業者とは?

日本国内のバイナリーオプション業者は、数こそ少ないものの存在します。いずれも金融庁に認可された業者

記事を読む

GMOクリック証券の新・外為オプション

GMOクリック証券が提供する新・外為オプションの特徴とは?

国内のバイナリーオプション業者にGMOクリック証券があります。GMOクリック証券は、「新・外為オ

記事を読む

PAGE TOP ↑