JFXが提供するM.T.B.Oの特徴とは?

JFXのM.T.B.O
国内のバイナリーオプション業者の1つにJFXがあります。あまり馴染みのない業者ですが、JFXは実は、FXの業者として有名なヒロセ通商の子会社なのです。JFXは「M.T.B.O」というバイナリーオプションのサービスを提供していますが、親会社のヒロセ通商のバイナリーオプションサービスである「LION BO」との違いは何でしょうか?ここでは、「JFXは投資家にとって稼ぎやすいバイナリーオプション業者なのか?」という視点で、ヒロセ通商の「LION BO」との違いも踏まえて調査した結果をお伝えします。

M.T.B.Oの取引対象通貨ペアや取り扱いオプション種類、取引時間などの基本情報

まず、M.T.B.Oの基本的な情報を下記に整理してみました。

取引対象通貨ペア 3通貨ペア: 米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル
取り扱いオプション種類 ラダーのみ
スマホ対応 Android、iOSともに対応
信託保全 三井住友銀行に信託保全済み
デモ取引 あり

取引対象通貨ペアは3通貨ペアあり、他の国内業者と比べて少なめです。取り扱いオプション種類はラダーのみ対応しています。スマホへの対応状況は、Android・iOSいずれにも対応しています。信託保全ですが、JFXはFXの「MATRIX TRADER」というサービスを提供しているFX業者ですので、あらかじめ対応済みです。特に心配は不要です。デモ取引も他社同様に用意されており、取引画面の操作のし易さや見やすさを事前に確認した後で、口座開設することができます。ちなみに、ここまでの情報をヒロセ通商のLION BOと比較したところ、全く同一でした。

【ココがポイント】M.T.B.Oのスプレッドや最大購入数

次に、M.T.B.Oの通貨ペア取引レートや最大購入数を下記に整理してみました。

取引レート(米ドル/円) MATRIX TRADER口座のレート(MID:仲値)を参照

米ドル/円のスプレッド: 0.3銭

1枚当たり購入金額 ペイアウト1,000円に対し5~1000円 ※5円単位
最大購入数 1回号50枚、20Lotまで
権利行使価格本数 7本
取引時間・取引回数 8:25~翌0:25 1回号2時間で1日当たり8回
権利放棄 あり

 
取引レートは、JFXのFXサービスであるMATRIX TRADERのレートの買値と売値の仲値を採用しています。MATRIX TRADERのスプレッドを調べたところ、米ドル/円の場合で0.3銭でした。そのため、中間値(MIDレート)は0.15銭となりますので、仮にBID-ASKが115.00-114.97だった場合、LION BOの取引レートは114.98(中間値0.15銭の小数第2位を切り上げ)になります。米ドル/円のスプレッドは、頑張っている業者の場合0.2~0.3銭ですので、JFXのスプレッド0.3銭は優秀だと思います。取引レートに関しては、M.T.B.Oを利用したバイナリーオプションは投資家にとって有利だと言えます。

■JFX MATRIX TRADER スプレッド一覧
JFX MATRIX TRADER スプレッド一覧
購入金額は、1枚当たり固定1,000円のペイアウトに対し5~1,000円です。取引価格は5円単位の変化に丸められてしまうため、実際の相場レートから離れた購入金額の設定となり、多少損する可能性があります。最大購入数は、1回号50枚までとなっていますので、取引時間が8:25~翌0:25の1回号2時間で1日当たり8回だとすると、日当たりで最大400枚、40万円までの購入が可能です。取引可能な数量は、1回号あたり50枚までと、他社に比べ随分と少ない設定です。また、権利行使価格本数は7本あり、ある程度の値幅に対応しています。しかし、間違いなく勝てそうで、かつ利益もできるだけ最大を狙うには、本数が少ないように思います。権利放棄も可能ですので、設定が少ない最大購入数をできるだけ活用するためにも、権利行使価格への到達が困難だと判断できる場合は、権利放棄が必要になるでしょう。

ここまで、M.T.B.Oの情報を色々と調べて来ましたが、親会社のヒロセ通商のLION BOと比較したところ、取り扱い通貨ペアから権利放棄まで、ほぼ全く同じでした。唯一異なったのは、取引レートの参照先ぐらいですが、これも米ドル/円のスプレッドは同一であり、違いはないと考えても差し支えありません。子会社ですから、わざわざ新しい別の取引の仕組みを導入するよりも、親会社の仕組みをそのまま流用した方が業者側の運用コストは削減できますので、当然と言えば当然の結果です。

【結論】M.T.B.Oは投資家にとって稼げる業者なのか?

以上のことから、M.T.B.OはLION BO同様に、投資家にとって稼ぎにくい業者と言えます。LION BOと全く同じことが言えるのですが、取引レートのスプレッドの狭さは素晴らしいものの、取引に利用できる通貨ペア数が少なく、最大購入数量も他社に比べ非常に少ないです。折角のスプレッドの狭さを活かしきれない条件になっています。国内業者の数は非常に少ないですが、その中でもバイナリーオプションで効率的に稼ぐことが難しい業者だと思いますので、別の国内業者を探した方が良いと思います。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

, , ,

関連記事

EXオプション(ex-option)は詐欺業者か?

EXオプションという海外のバイナリーオプション業者があります。ネット上では、「ex-optionは詐

記事を読む

バイナリーチャート(BinaryChart)は詐欺業者か?

ネットのいたるところで、「バイナリーチャート(BinaryChart)っていう海外のバイナリーオ

記事を読む

ヒロセ通商のLION BO

ヒロセ通商が提供するLION BOの特徴とは?

数少ないバイナリーオプションの国内業者の1つにヒロセ通商があります。FXの業者として有名なヒロセ

記事を読む

バイナリーオプション業者のoption99は詐欺業者か?

海外のバイナリーオプション業者にoption99という業者があります。ネットの様々な掲示板で「opt

記事を読む

24option Webサイト バンキングについてのよくある質問ページ

24option(24オプション)は詐欺なのか?

海外のバイナリーオプション業者に24option(24オプション)があります。海外業者は詐欺業者が多

記事を読む

PAGE TOP ↑