【FX投資で損切りラインの重要性を痛感】ラインを決めずに損失が大きくなる

外貨

33歳の男性で、現在はとある介護施設で働いております。初めに申し上げておきますが、投資経験はゼロ。全くの素人でございます。そんな私がFX投資に手を出したのは、ちょうど去年の春でした。

10年後の給料が今と変わらないことが、FX投資を始めたきっかけ

FX投資をしたいと思ったきっかけは、現在働いている職場での給料が安いという点。ボーナスはあるものの昇給はありません。先輩職員と仲良くなってくると、給料の話題になるのですが、その内容を聞き、私は愕然としました。

10年以上勤めているベテラン職員の給料と私の給料が、ほとんど同じ額であることが分かったからです。何年も職場に貢献し、スキルを磨いても、今以上に生活水準を上げてもらうことはできない。なら、どうするか。自分で何とかして副収入を得るしかない、こう悟ったのがFX投資を始めるきっかけになりました。

【FX投資は甘くない】トレード戦略を持たずに始め、損失額は給料2ヶ月分

FX投資を始めて3ヶ月後。私は2ヶ月分の給料を損失しました。やはり初心者がいきなり稼げるほど、甘いものではありませんでした。当時の私のやり方は、完璧な裁量トレードでした。何となく上がってきたから買おう、そういう浅はかなトレードをしておりました。

1万通貨単位でトレードしていたので、1pips動くと100円の為替差損益が発生します。FX投資で稼ぐためには、「何pipsまで利益が出たら利益確定しよう」などといったように、自分なりのルールを作ってそれを厳守するのが絶対に必要なのです。

でも、当時の私にはその考え方がなく、例えば「30pipsまで来た。もう少し経てば50pipsまで行くかもしれない」という意気込みでトレードを行っていました。そして、50pips上がったら、今度は「60pipsまで上がるかも」と考えます。

要は、具体的なトレード戦略というものがなく、何となく「この波は50pipsくらい行きそう」などという、相場を完全に主観として捉えていたのです。そういう思考でやっていると、50pipsまで伸びていたものが10pipsまで下がってしまったりするような展開へ非常に多く巻き込まれます。

損切りラインを決めなかったことが更なるFX投資の損失を招くとは

FX投資をしていた私の最大の過ちは、『損切りラインを入れない』ことでした。当時の私は、例えば−30pipsになったら決済しようという概念が、よく分からなかったのです。どうしてお金を失う手段を選ぶのか。FX口座内のお金は、絶対に減らしたくなかったのです。

ただでさえ損大利小で資産が目減りしてきているのに、損切りラインを入れて、これ以上減らしてどうする。そういう感情がありました。FX投資で目減りした分を入金、また入金。そのような日々が続き、気がついたら損失が大きくなっていたのです。

後日、私は損切りラインを入れることの重要性を思い知らされることになります。ある日、私はユーロ/円のトレードをしていたのですが、当時もやはり裁量トレードで、FXチャートを見ると下がってきていました。なので、「これは下がるな」と思い、安易に売りポジションを持ちました。

ギリシャショックがあり、ネット上でも「ユーロ、オワタ」「ユーロ/円は下がるでしょ」という意見も飛び交っていたので、大して分析もせずにユーロが下がると思っていました。しかも、損失を出していたので、取り返すべくかなり無計画に取引していました。これで損失を取り返せる。そう思いました。

FX投資の損失がみるみる膨らみ決済。5日待てば損失は少なかったのに

2~3時間後、FXチャートを見ると予想外にレートが急上昇していました。嫌な予感がしてポジション一覧を見ると、マイナス4万円。今までは多くてもマイナス5,000円でしたので、あまりに大きな損失を目の当たりにし、具合が悪くなったのは今でも覚えています。しかも損切りラインを入れていなかった為、その損失はどんどん大きくなっていきました。

「まぁ、そのうちプラスになってくるだろう。みんな下がるって言ってるし」その時は、そう思って決済せずに放置しました。その日の夜、再びFXチャートを見てみると、何と損失はマイナス7万円まで膨らんでいました。FXチャートを見ると、下がるどころか、大陽線しかないではありませんか。

このままだとロスカットされてしまう為、ネットバンクからさらに追加入金。何とか嵐が過ぎ去るのを待っていたのですが、マイナスはついに8万円台まで膨らみ、訳が分からなくなりました。「下がるんじゃなかったのか!?」私は必死になり、自分の焦っている気持ちを落ち着かせる為にネット上でユーロ/円について語っているスレを見ました。

すると、「ユーロ/円はまだ上がるよ」「下がると思って売った人、ご愁傷様です」などのコメントしかない。どこまでマイナスが膨らむのか素人には全く分からず、結局マイナス7万円台で決済しました。しかし、5日後にユーロ/円のFXチャートは下落していき、ポジションを保有していたら、マイナス1万円台まで損失を縮小できた展開となりました。

FX投資の損失で学んだ2つのこと

FX投資で数々の失敗をして学んだことは2つあります。1つ目は『裁量トレードはやめた方が良い』です。裁量トレードでも上手くいくこともありますが、自分が決めたルールを逸脱すると「もう少し我慢していれば100pips抜けたかもしれない」、「損切りラインを下げていれば30pipsは取れてた」など、感情に振り回される可能性があります。

2つ目は、『他人の意見はあまり鵜呑みにしない方が良い』です。メガバンクのチーフアナリストなどといった専門家が為替相場の行方について各通貨ごとに予想しているのですが、外れることが非常に多いです。

相場を動かしてるのは、少なくとも「この相場は下がる」と言っている人では無いんです。ところが、FX投資にのめり込み過ぎると、その事実に何故か気がつかない。自分が決めたルールを遵守し続ければ、結果はついてくるとブログで話していた方がいました。私は今、そのやり方でFX投資に挑戦しています。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

関連記事

パソコンを見ながら電話する女性

【イギリスのEU離脱で株価が大暴落】保護者会がなければ底値で株を買えたのに

49歳主婦です。株式の現物投資を始めて、3年目になります。この2年の紆余曲折で、現在の株の評

記事を読む

【若手起業家の会社に投資して失敗】社長が有名人でも財務状態がいいとは限らない

投資経験12年の32歳、男性です。今は病気で会社を退職して無職ですが、専業トレーダーとして生

記事を読む

【FXで朝まで取引】ポジション3倍で損失も3倍になり、ストレスで10キロ痩せる

43歳の男性で、チェーン販売業の店長をしています。FXをはじめて、8年ほどになります。20代

記事を読む

FXで損失は免れたが勉強不足を痛感、主婦が簡単に稼げるものではない

44歳の専業主婦です。FXに興味を持ったのは、ふと本屋に行ったときに「主婦でも簡単にFXで稼

記事を読む

株式投資失敗の経験を活かして、そこそこの利益を得られるようになる

私は会社で仕事をしている30代のサラリーマンですが、老後の生活に不安を感じて投資運用を始めま

記事を読む

【FXで資金がショート】イケイケの時にリーマンショックに襲われ200万円の損失

私は現在35歳、FXを始めたのはリーマンショックの前年でした。投資を始めようとしたキッカケは

記事を読む

【FX投資に失敗】まさかのスイスフラン大暴落で50万円が一瞬で消える

覚えている方も多いでしょうが、2015年にスイスフランが大暴騰しました。その時ポジション持っ

記事を読む

【株式投資は失敗しても自己責任】勉強もしないで稼げる手段ではない

30歳の男性会社員で、投資経験は1年ほどです。この年になってくると会社員として年々給料が上が

記事を読む

バイナリーオプションで200万円の大負け、それでもリベンジを志す

私は23歳男性、職業はフリーターです。私の投資失敗談をお話しします。失敗したのは、海外バイナ

記事を読む

【FXの教訓】無知の初心者が始めると失敗するので、気軽に挑戦するものではない

27歳男性で、会社員です。営業職をしています。社会人2年目から1年間、FXをやっていました。

記事を読む

PAGE TOP ↑