さあ実践!バイナリーオプションの取引方法を教えます

バイナリーオプションの投資としての魅力を知って、「始めてみたいなぁ」と思われる方は多いことと思います。でも、初めての経験だと色々なことが心配になるものですよね。私の初めての投資は、実は株式や投信ではなくFXだっのですが、それはもうドキドキでした。あと1回マウスをクリックすると約定される、という場面のやや興奮した感覚は、今でも鮮明に思い出されます。

それまではもちろん取引画面を触ったこともなく、何をどうしたら良いのか全く分からなかったため、事前にデモトレードを何度も繰り返し行い、操作マニュアルにも何度も目を通し、そこまで準備して漸く本番のトレードに臨みました。大事なお金を預けるわけですから、自然と準備にも力が入るものです。

当時は、「ここまで準備しなくても、素人にも分かるマニュアルや手順がどこかにないかなぁ」と思ったものです。そこで、今回は特別にバイナリーオプション取引のはじめ方について、デモ口座開設から実際のデモ取引、デモ取引結果が分かるまでを説明したいと思います。デモ取引と本番の取引の操作は、業者によってはもしかしたら違うかもしれませんが、基本的に同じです。これからバイナリーオプションをまさに始めようとしている方は、是非参考にして下さいね。

1.FXトレード・フィナンシャルのデモ口座開設手順
2.FXトレード・フィナンシャルのデモ取引の前準備
3.FXトレード・フィナンシャルのデモ取引手順

FXトレード・フィナンシャルのデモ口座開設手順

手順を開設する前に、今回利用する業者をお伝えします。業者名は「FXトレード・フィナンシャル」です。略して「FXTF」と呼ばれたりもします。今回、FXトレード・フィナンシャルを選んだ理由は、取引に使うチャートがバイナリーオプション初心者にも非常に分かりやすいからです。デモ取引でバイナリーオプションの分かりやすさを実感してもらうには、この上ない業者だと思います。

さて、バイナリーオプションの取引を始める前に、口座を開設する必要があります。今回はデモ取引ですので、専用のデモ口座を開設していきます。デモ口座とは、実際にお金を使って取引するのではなく、予め決められた仮想資金で取引を行う、というものです。よって、あなたが資金を預ける必要などなく、勝っても負けても仮想資金が増減するのみです。また、デモ口座は一定期間で強制的に閉じられてしまいますので、いつかはなくなってしまう口座ですので、注意して下さい。

では早速、デモ口座を開設していきましょう。こちらから、デモ口座開設へと進みましょう。

■デモ口座開設フォーム

FXトレード・フィナンシャルデモ口座開設フォーム

デモ口座開設フォームが開きましたか?口座開設に必要な情報は、下記の通りです。

・氏名(漢字、カナ)
・メールアドレス
・ログインID
・パスワード

氏名(漢字、カナ)は間違えないように入力しましょう。カナは全角ですので、お間違えのないように。メールアドレスも間違えないようにしましょう。2回入力する必要がありますので、入力間違いは自然と防げると思います。

ログインIDとパスワードは、あなたが自由に決めることができます。ログインIDは、4~12文字の半角英数字で決めましょう。パスワードは、6~10文字の半角英数字を混在させる必要があります。また、大文字小文字も別の文字として扱われますので注意しましょう。

他に記載する事項は、次の4項目があります。いずれも選択あるいはチェックを付けるのみとなっています。

・お申込サービス(選択)
・広告メール配信サービス(選択)
・興味があるサービス(チェック)
・個人情報保護方針(チェック)

お申込サービスは、今回はMT4は使いませんので、「すべて」を選択してください。ちなみにMT4とは、MetaTrader4(メタトレーダー4)の略で、幅広い投資家に利用されている取引ツールのことです。自分でプログラムを書いて、自動売買のシステムや売買サインを示すツールを作ったりできるスグレモノですが、今回は使いません。

広告メール配信サービスは、どちらを選択しても構いません。特に興味がなければ「受信しない」を選択して問題ありません。興味があるサービスは、最低でも1つ以上をチェックする必要があります。FXトレード・フィナンシャルのバイナリーオプションサービスの名称である「バイトレ」でデモ取引を始めますので、それくらいはチェックしておきましょう。最後に、個人情報保護方針は、異議なく同意してください。同意しない(チェックしない)とデモ口座が開設できません。

ここまで入力し終わったら、「次へ」をクリックしましょう。

すると、入力した情報の最終確認画面が開きます。面倒かもしれませんが、入力した情報に間違いがないか確認した上で、「申し込みする」をクリックしましょう。

■デモ取引申し込みの確認画面

FXトレード・フィナンシャルデモ取引申し込みの確認画面

すると、デモ取引の申し込み受付完了画面が表示されます。申し込みフォームにて入力したメールアドレスに、認証用のリンクが記載されたメールが届いているはずです。メールの件名は「[DEMO]デモ口座開設に伴う認証作業のお知らせ【FXトレード・フィナンシャル】」です。すぐにメールを確認しましょう。

■デモ取引申し込み完了画面

FXトレード・フィナンシャルデモ取引申し込み完了画面

どうですか?入力したメールアドレス宛にFXトレード・フィナンシャルからメールが届いていましたか?もしかしたら迷惑メール扱いになっているかもしれませんので、受信トレイに届いていなかったら、念のため迷惑メールフォルダも確認してみましょう。メールが届いていたら、早速開封して、メールの中ほどにある認証用リンクをクリックしましょう。

■デモ取引認証のお知らせメール

FXトレード・フィナンシャル デモ取引認証のお知らせメール

メール本文の認証用リンクをクリックすると、認証用画面が開きます。ここで、申し込み時に入力したログインIDとメールアドレスを入力して、「認証する」をクリックしてください。

■デモ取引申し込み 認証画面

FXトレード・フィナンシャル デモ取引申し込み 認証画面

すると、デモ取引申し込みの認証完了画面が表示されます。ここまで進むとデモ口座が開設され、待ちに待ったデモ取引が可能になります。そのままデモ取引に進む場合は、『「バイトレ」ログイン』リンクをクリックして下さい。いよいよバイナリーオプションのデモ取引のスタートです。

■デモ取引申し込み 認証完了画面

FXトレード・フィナンシャル デモ取引申し込み 認証完了画面

ちなみに、初回のログイン時は「かんたん♪操作トレーニング」を始めるか聞かれますが、特に見る必要はありません。「スキップ」をクリックしてください。

■「かんたん♪操作トレーニング」の確認

FXトレード・フィナンシャル 「かんたん♪操作トレーニング」の確認

FXトレード・フィナンシャルのデモ取引の前準備

デモ口座も開設されたので、早速バイナリーオプションの取引を始めたいところですが、その前に取引画面の見方を知っておきましょう。基本的な画面の見方を知らないと、取引操作の最中に戸惑ってしまい、良いレートでの取引を逃してしまうことになりますので、面倒だと思わずにしっかり覚えて下さい。

■バイトレ取引画面(解説その1)

FXトレード・フィナンシャル バイトレ取引画面(解説その1)

番号を振っている順番に説明していきますね。
1)取引を行う時間帯を選択します。「受付中」となっている時間帯から選択しましょう。

2)取引の通貨ペアを選択します。バイトレでは全部で6通貨ペアが用意されており、自由に選択できます。

3)払い戻し額を選択します。いわゆる「ペイアウト金額」のことですね。バイトレでは、1,000円と1万円から選択できます。

4)取引の種類を選択します。バイトレでは3種類が用意されています。一番メジャーな取引は「ラダー」ですね。

5)取引のロット(大きさ)を選択します。1ロットだと、3)で選択した金額を1つ、という意味です。2ロットだと2つ分、5ロットだと5つ分、といった具合に払い戻し額を増やすことができます。その分だけ掛ける金額も増えますので、あまりに大きなロットの取引は資金量次第では危険です。

■バイトレ取引画面(解説その2)

FXトレード・フィナンシャル バイトレ取引画面(解説その2)

6)取引できるレートの一覧です。相場は刻一刻と変動していますので、取引レートもリアルタイムに変動しています。緑色は「HIGH」、赤色は「LOW」です。「HIGH」とはその価格よりも高い価格で終了時間を迎えると予想するもの、「LOW」とはその価格よりも低い価格で終了時間を迎えると予想するものです。今の価格から遠ければ遠いほど掛け金は少なくて済みますが、近ければ近いほど掛け金が必要になります。

7)6)で選択したレートに、5)の取引ロットの大きさを加味した、今回の取引に必要な購入金額(掛け金)とペイアウト金額(払い戻し額)が自動的に計算されて表示されます。いちいち頭のなかで計算する必要はありません。

8)2)で選択した通貨ペアの価格の動きがグラフで表示されます。このグラフを「チャート」と呼びます。7)と連動しており、選択したレートの範囲を色つきで教えてくれます。ここでは赤点線枠で囲まれた「108.226のHIGH」を選んでいますが、チャート上には薄い緑色で「108.226のHIGH」に該当するエリアが塗られています。取引時間が終わったときに、価格がこの範囲にあれば勝ち、というわけです。視覚的にも非常に分かりやすく作られている取引画面です。

9)取引に必要な条件を全てを選択したら押すボタンです。ここまで説明した1)~8)を設定の上、押すようにしましょう。

以上が取引画面の各項目の説明です。いずれもバイナリーオプションの取引には欠かせない項目ですので、各項目の意味をよく理解して、この後始めるデモ取引に臨みましょう。

FXトレード・フィナンシャルのデモ取引手順

それでは、バイナリーオプションのデモ取引を始めていきましょう。今回は例として2種類のロジックに基づいた取引をやってみたいと思います。「2種類のロジック」と書きましたが、具体的には次のようなものです。1つはロジックと呼べるものではない、初心者がやってしまいがちな場当たり的な取引です。

今回の取引ロジック

共通条件:払い戻し額は1万円、取引種類はラダー、取引ロットは1ロット、購入金額は5,000円程度
ロジック1:USD/JPYの通貨ペアを選択し、チャートを見ながらレートとHIGH/LOWを何となく選択
ロジック2:GBP/JPYの通貨ペアを選択し、未来チャートの3候補全ての予測トレンドを見てレートとHIGH/LOWを選択

ロジック1から順に取引をやってみましょう。まずはバイトレの画面を開いてくださいね。画面を見ていただくと分かりますが、レートやチャートは刻一刻とリアルタイムで変化していますね。少しでも有利なレートで取引しようと思うなら、迅速にレートとHIGH/LOWを判断する必要があります。

この場面では、取引開始から1時間近くが経過しており、残り1時間の値動きを予測することになります。経過した60分の状況ですが、開始直後から40分間は下落傾向、残り20分で上昇傾向に転じており、このまま上昇の流れが続くだろうと推測されますので、緑色の「HIGH」に掛けようと思います。

ところが、HIGHのレートを見ると5,000円程度のちょうど良いレートがありません。近いところでは灰色点線枠の「レート:108.336 購入価格:3,500円」と赤色点線枠の「レート:108.236 購入価格:5,980円」ですね。108.336まで相場価格が上昇するかというと、ちょっと目標が高すぎると思いますので、高めの購入価格ですが赤色点線枠の「レート:108.336 購入価格:3,500円」を1ロット購入したいと思います。

■バイトレ画面(取引ロジック1)

FXトレード・フィナンシャル バイトレ画面(取引ロジック1)

次にロジック2の取引です。この取引ロジックでは「未来チャート」を利用します。バイトレの取引画面から「未来チャート」を開きましょう。デモ取引では未来チャートの機能に制限が掛かっており、参照できる通貨ペアと時間足があまり選べません。未来チャートの左上に通貨ペアと時間足を選択できる箇所がありますので、ここでは「通貨ペア:GBP/JPY、時間足:15分足」を選択しましょう。

チャートの表示がGBP/JPYの15分足に変わったら、次は今後の価格の予測を見ていきましょう。「未来チャート」は過去の膨大な値動きデータを元に、今の値動きデータと近いものを3つピックアップし、それら3つの実際にあった値動きを今後の予測値として参照できるものです。上段の大きなチャートには、3本の予測線が引かれていますが、それぞれの線の詳細は下段のチャートに描かれています。

それぞれを見ていくと、第1近似は下落傾向、第2近似と第3近似は横ばい傾向ですので、今後の価格は上昇する可能性が低いだろうと推測できます。また、下落傾向が1つに対し横ばい傾向が2つですので、仮に下落したとしても大きな下落ではないことも併せて推測可能です。これらの推測結果から、取引はLOWで、現在の価格からあまり離れていないレートを選択する、という結論になります。

■未来チャート

FXトレード・フィナンシャル 未来チャート

では、この結論を念頭に取引画面を見てみましょう。現在の価格が154.240に対し、赤色点線枠で囲った154.187という、ちょうど良いレートがありますね。購入価格も5,000円程度で問題なしです。条件にピッタリ当てはまりましたので、迷うことなく取引しました。

■バイトレ画面(取引ロジック2)

FXトレード・フィナンシャル バイトレ画面(取引ロジック2)

ここまでで2つの取引ロジックに従い、2つの取引を行いました。あとは取引終了時間を待つのみです。状況によっては終了時間を待たずに途中で取引を止め、損失の拡大を防ぐこともありますが、今回は購入金額が大きくないため、そこまでの配慮はしないこととします。

■口座明細書画面

FXトレード・フィナンシャル 口座明細書画面

さぁ、取引の結果が出ました。どのような結果でしょうか。「口座明細書」を見てみましょう。結果は、取引ロジック1が▲5,910円で負け、取引ロジック2が+5,310円で勝ちになりました。今回の結果でもお分かりいただけたかと思いますが、きちんとした今後の価格の予測ができれば、バイナリーオプションで勝つことは十分可能です。今後の価格予想ツールも用意されており、活用方法さえ身に付けることができれば、継続して勝ち続けることもできると思います。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

関連記事

これで完璧!投資初心者のためのバイナリーオプションの始め方

バイナリーオプションは他の金融商品に比べて取引ルールが簡単であり、投資の初心者でもとっつきやすく始め

記事を読む

素人でもバイナリーオプションで簡単に稼ぐには?

バイナリーオプションといえば、丁半博打のような二者択一の選択式で、少ない資金から始められる金融商品と

記事を読む

規制後の国内バイナリーオプションでおススメできる業者とは?

日本国内のバイナリーオプション業者は、数こそ少ないものの存在します。いずれも金融庁に認可された業者

記事を読む

5分足チャート

理論上バイナリーオプションはプラス収支になるはずだが、なぜそうならない?

バイナリーオプションの代表的な取引といえば「HIGH & LOW」です。これは、一定時間後の

記事を読む

PAGE TOP ↑