【冒険銘柄で大儲け】3日連続株価が急騰して、100万円の利益

札束を数える男性

私は50代半ばの男性です。職業は建設関係の会社員で、営業部に所属しています。投資の経験は、約30年になります。いろんな時代を生き抜いてきました。投資をはじめたきっかけは、会社に入った頃に、直属の上司が投資をしていて、いろんな話を聞いているうちに、自分でもやってみたくなったのです。

銘柄を安く買えても、売るタイミングをミスして儲けがなかった投資初心者時代

最初の頃はその上司から教わった手法で、言われたまま銘柄を選んでいました。安値で買えても、売るタイミングをミスすることが多かったです。つまり欲が出て、もっと上がるんじゃないかと待っているうちに、急落して大負け。利益は細々と少なく、負けるときは大きく負ける、それが最初の頃のパターンでした。

だから、勝率が高くても、年間トータルでは負けていました。9勝しても1敗で大きくやられるという具合です。それではいつまで経っても儲けられません。そこでいろいろと考えました。上司の言いなりで売買するのではなくて、自分の頭でしっかり考えないといけないと思いました。それは投資をする者の基本の姿勢です。

投資の世界には、美味しそうな話がたくさんあります。ついつい誘われて、軽い気持ちで売買していてはダメ、儲けは出ないということです。一つ一つの銘柄の業績を、しっかりと分析するスキルが必要と思いました。それで、会社の決算を解読できるようになりたいと思い、勉強しました。

【銘柄を選ぶ目を養う】会社の業績を分析し9割は堅実な株を、1割は冒険株を売買

本での独力の勉強に加えて、勤務している会社の財務の友人に教えてもらったりしました。そこそこ業績の良し悪しがわかるようになると、自分で銘柄を選ぶセンスが磨かれました。投資には様々な方法があります。

業績に拘らず、チャートを見て急落している銘柄を拾って、いずれ上がれば売る、それだけを単純にやっていくというスタイルもあります。私の場合は、基本的に好業績の銘柄だけを売買するようにしています。それでも、読みが外れる場合もあります。毎年好業績だけど、急に業績が悪化する会社も当然あるからです。

それでも、丁寧に会社の業績を分析すれば、それほど予想外なことは起こらないものです。堅実に、地道な売買で確実な利益を上げる方法で投資をしています。ただ、すべてが堅実だと妙味が少ないので、10銘柄は堅実、1つだけ冒険をする、そういうやり方を最近は楽しんでいます。

その冒険銘柄で大儲けしたことがあります。たいていは毎月20万ぐらいの利益なのですが、1銘柄の3日連続の急騰で、100万儲かりました。それが過去最大の利益です。この成功から、大きな損はしなくなりました。今やっている方法で、これからも堅実プラス少しの冒険で投資を続けていきます。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

関連記事

パソコンを操作する女性

【仕事を休んで一日中トレード】イギリスの国民投票開票日は、為替が大きく変動

32歳の女性看護師です。29歳の頃からSBI証券でFXをしています。イギリスの国民投票があり

記事を読む

イギリスのEU離脱で日経平均株価が下がっても、損失は少なく済んでホッ(^^)v

31歳の子育て中の専業主婦です。性別は女です。私は一年ほど前から、株の信用取引をしています。

記事を読む

【円高で100万円の為替差益】更なる利益を夢見てまだ売却していない

40代男性で、地方公務員です。投資を始めたのは2011年頃で、株式投資とFXが中心です。20

記事を読む

【株価がストップ高を連発】乱高下していた銘柄を底値で購入し、買値の3倍で売却

28歳の男性会社員です。大学時代から株式投資をはじめ、投資歴はかれこれ7年になります。当時の

記事を読む

【株式投資の利益が1,000万円】株主優待がある銘柄を長期間保有し続ける

私は60歳の会社員女性です。私が投資を始めたのは、今から十年前です。基本的には日中働いている

記事を読む

スマホを操作する男性

英国のEU離脱を巡って株価と為替が乱高下、損をしたとしても自己責任

32歳の男性で、職業は無職です。英国の首都ロンドンの金融市場は世界で3本の指に入るほど巨大な

記事を読む

PAGE TOP ↑