FXに手を出したばっかりに、株の利益がぶっ飛び借金返済に追われる日々

キャッシングしている男性

33歳、男性、自営業ですが、株式投資ではそこそこ稼ぐ事が出来ていて、より大きな取引が出来る可能性があるFXに手を出す事になりました。

100万投資してすぐ30万の利益、一気に1,000万投資したが含み損となり…

FXはレバレッジ25倍まで行えるので、株と比較してもハイリスク投資でありますが、投資金額次第では大きな利益を短時間で稼げる可能性があります。初めて行った時はテンポ良く資産を増やす事が出来たものです。投資内容としては、最初は100万円だけ投入して、ドル/円を中心に5枚から10枚の範疇で行いました。

10枚だと1円動けば10万円の動きという事であり、たまたま円安方向に向かった時にロングポジションを取っていてすぐに30万円程稼げました。これは一瞬で増やせると感じて、資金投入額を1,000万円まで増やす事になりま す。

雇用統計のような大きな指標発表時には大きな値動きがあり、100枚ポジションを取って勝負をかけてみると、それでさらにアッサリと勝てました。調子に乗って、枚数をさらに増やして行った時に、急激な値動きが起こって一気に含み損が膨らむ事になったのです。

今までの利益がなくなった上、友達・消費者金融・嫁から次々に借金

それまで株で稼いでいた分を一気に失い、含み損になっていたのですが、まだまだ戻って来るから大丈夫と自己判断して損切りせずに放置していました。すると、さらに二番底に向かっていき、それまでの利益を失った上に、元本を減らしていく事になります。

一旦休んで放置しようとしたのですが、翌日のニュースでさらに下落していってしまい、このままではロスカットを喰らう状態になりました。そこから友達に100万円の借金をして、一旦ロスカットを喰らわないように食い止めました。

でも、更なる下落が止まらないので消費者金融3社からそれぞれ50万円づつの合計150万円借金をして、ロスカットを食い止める行動に出たのです。それでも止まらない流れに嫁の口座から勝手に300万円引き出して投入し、結局元手の1,000万円、友達と消費者金融、嫁の合計550万円がぶっ飛びます。

こんなはずでは無かったと後悔したのですが、勝てるつもりになっていたのと、必ず戻って来るはずと思って投資したのが失敗でした。株投資の時は現物主体で稼いでいたので、放置して利益が乗ってから売りという事は多々行っていたのですが、FXの特性に慣れていなかった為にロスカットまで行ってしまいました。

嫁の貯金300万を使い込んだことはまだバレてない、これから返済する予定

ロスカットで自分だけのお金を失うならまだしも、周りからかき集めた550万円分を追加投資して損失を出してしまう結果となりました。当然、返済しなければいけないので、消費者金融を優先して払い、続いて友達、最後に嫁という流れで返していくことにしました。

消費者金融と友達の分は返済しましたが、嫁の300万円はこれから返済であり、実はまだ勝手に使った事を知られていない状況です。その後はFXには手を出さずに、株の方を小額でいじっている程度の生活になります。

スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

関連記事

土下座をしている男性

子どもの大学資金150万円が一瞬でパー!スイスフラン暴落で大損

私はFX投資歴2年の45歳、既婚、男性会社員です。昨年1月のスイスフラン暴騰を覚えていらっし

記事を読む

投資に失敗して借金だけが残る…生活費6万ではやっていけずにキャッシング

私は34歳の男性で、IT関係会社に勤めています。これは、私の10年程前の投資失敗談です。

記事を読む

投資は家族のためだった…借金したことを打ち明けられず、副業しながら返済中

32歳、男性、現在は調剤薬局で薬剤師をしています。数年前から200万円ほどで株式投資をしてい

記事を読む

【バイナリーオプションで借金100万】返済に困り、妻に内緒で親に泣きつく

結婚して3年目を迎えている30歳のサラリーマンです。昨年子どもが産まれ、今は少しずつ歩くよう

記事を読む

【バイナリーオプションで借金】GMOクリック証券のFXで儲かるも、すべてを失う

現在31歳の男性で、広島県在住、某商社の営業マンです。私がFXと出会ったのは27歳の頃。当時

記事を読む

落ち込む男性

イギリスのEU離脱により、この先10年は借金返済に追われる羽目に

私は、37歳の普通の男性サラリーマンです。学生の頃からインターネット証券を利用して株式投資を

記事を読む

落ち込む男性

バイナリーオプションの確率は1/2ではない!知らずに賭け続けて借金が残る

私が投資で借金をした理由は、バイナリーオプションにハマってしまったからです。現在32歳のごく

記事を読む

PAGE TOP ↑