投資用語 と

東京外国為替市場~取引所外取引 15語

投資用語(読み方)意味
東京外国為替市場(とうきょうがいこくかわせしじょう)日本の東京に拠点を置く銀行を中心とした、午前9時から午後5時までの時間帯の為替取引のこと。明確な「市場」が存在するわけではない。
特別気配(とくべつけはい)相場において需要と供給のバランスがどちらかに大きく偏り、呼び値の買値と売値のいずれかが範囲外になった場合のこと。
トップダウンアプローチ(とっぷだうんあぷろーち)まず、マクロ視点の投資環境(経済、金利、為替など)の予測を行い、資産の配分や業種別の配分を決め、個別銘柄の選択に進む運用手法のこと。
独歩高(どっぽだか)相場全体の価格は低いのに対し、ある特定の銘柄のみ価格が高い状態にあること。
途転(どてん)これまでとは反対のポジションを保有すること。例えば、これまで買いポジションを保有していた場合は、そのポジションを手仕舞いし、売りポジションを新たに保有すること。
取引単位(ロット)(とりひきたんい)売買する時に要求される最低取引単位量のこと。
トリプル高(とりぷるだか)株式、為替、債券がいずれも同じタイミングで価格が上昇すること。
トリプル安(とりぷるやす)株式、為替、債券がいずれも同じタイミングで価格が下落すること。
ドル(どる)アメリカ合衆国の通貨。米ドル、アメリカドルと呼ばれる。世界的に流通量がありメジャー通貨に分類される。
ドル建て(どるだて)商品の売買決済を米ドルで行うこと。
トレンド(とれんど)チャートにおける値動きの方向のこと。上昇と下降の2種類がある。
トレンド・ライン(とれんどらいん)トレンドがはっきり分かるようにチャート上に引く線のこと。
トレンドフォロー(とれんどふぉろー)トレンドに沿った売買取引を行うこと。上昇トレンドの場合は買い、下降トレンドの場合は売り。
ドローダウン(どろーだうん)得られる利益の累積に対して失う損金の割合のこと。
取引所外取引(とりひきじょがいとりひき)売買取引を行う際に、金融商品の取引を行う公開市場ではなく、取引所外で取引を行うこと。
スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

関連記事

投資用語 L

LIBOR~LTRO 3語

記事を読む

投資用語 ま

マーケットアプローチ~窓 7語

記事を読む

投資用語 R

RBA~ROI 7語

記事を読む

投資用語 G

G7~GNP 6語

記事を読む

投資用語あ

投資用語 あ

α(あるふぁ)~アンワインド 70語

記事を読む

投資用語 ほ

棒上げ~棒下げ 12語

記事を読む

投資用語 の

軒並み高~のれん 3語

記事を読む

投資用語 ね

値洗い~年初来高値 5語

記事を読む

投資用語 S

SEK~SGX 2語

記事を読む

投資用語 く

クーポン~クロスレート 7語

記事を読む

PAGE TOP ↑