投資用語 れ

レジスタンス~劣後債(れつごさい) 5語

投資用語(読み方)意味
レジスタンス(れじすたんす)相場の価格がある価格を越えない場合の、越えられない価格のこと。
レパトリエーション(れぱとりえーしょん)企業が海外投資に充てていた運用資金を自国の国内向けに運用先を変えること。
レバレッジ(ればれっじ)実際の運用資金よりも大きな金額の売買取引を行う運用のこと。
劣後株式(れつごかぶしき)企業の配当金の割当が普通株式よりも後回しにされる株式のこと。
劣後債(れつごさい)元本や利息の支払いについて、担保なしで発行される一般無担保社債よりも後回しにされる社債のこと。債務不履行となるリスクが高いため、利回りは高めに設定されている。
スポンサーリンク

この記事に関連するキーワード

関連記事

投資用語 り

リアルマネー~利下げ 12語

記事を読む

投資用語 の

軒並み高~のれん 3語

記事を読む

投資用語 I

IB~IR 5語

記事を読む

投資用語 お

OPEC~終値 59語

記事を読む

投資用語 N

NAFTA~NZD 5語

記事を読む

投資用語 数字

5DMA~26WMA 6語

記事を読む

投資用語 は

配当性向~反落 13語

記事を読む

投資用語 ら

ラチェット効果~ランダムウォーク 3語

記事を読む

投資用語 K

KRW 1語

記事を読む

投資用語 と

東京外国為替市場~取引所外取引 15語

記事を読む

PAGE TOP ↑